サンズ・マカオ カジノ

Sands Macau 金沙娯楽場

サンズ・マカオ
photo by ©niallkennedy

[場所]新口岸地区

[開業]2004年5月

[設備]740台のテーブル 1,250台のスロットゲーム

サンズ・マカオの概要

マカオで最初に登場したラスベガス・スタイルのカジノとして知られています。

サンズ・マカオのプレート
photo by ©hellomofo

香港の市場が開放されてまもなくの2004年に、ラスベガス資本の香港企業が開業しました。

サンズ・マカオ・カジノのホテルは、カジノに招待されたVIP客専用に設けられたものであったため、とても贅沢なつくりをしていると評判でした。

同カジノが作った紹介制の会員制度「Paiza Club」は、サンズ・マカオをマカオで一番のVIP向けカジノの地位に押し上げることに成功しました。その後タワー棟を増築し一般の宿泊客も受け入れるようになりましたが、カジノの評判は衰えません。

VIP専用

サンズマカオには上客のためのメンバークラブ「Paiza Club」があります。

Paiza Clubのメンバーは、メンバー専用の高レートのバカラルームに出入りすることができます。

「Paiza Club」は紹介制のインターナショナルVIPクラブで、今はベネチアンマカオなどにも「Paiza Club」メンバー限定ののバカラルームがありますが、もともとはこのサンズマカオから生まれた優待制度です。

サンズ・マカオ・ホテル

全室スイートの高級ホテルで、カジノホテルとして有名です。

従来からある本館の51の最高級スイートに加え、2007年に造ったタワー棟に238のスイートがあります。

|→ サンズ・マカオ・ホテル

経営

Venetian Macau Limited.(ベネチアン・マカオ社)が経営しています。

ベネチアン・マカオ社は、ベネチアン・マカオ(2007年、コタイ地区)、ザ・プラザ・マカオ(2007年、コタイ地区)、サンズ・マカオ(2004年、新口岸地区)、サンズ・コタイセントラル(2012年、コタイ地区)を所有しています。

アジア最大のコンベンション会場CotaiExpoや、マカオ最大のイベントホールThe CotaiArena、1,800席の豪華な劇場Venetian Theatre、香港・マカオ間の高速フェリー会社CotaiJetも、同社の所有です。

同社は、マカオでカジノ・リゾートを開発し所有・運営するために作られた会社で、香港の上場企業であるSands China Ltd.(サンズ・チャイナ社)の子会社です。

サンズ・チャイナ社はまた、ラスベガス・リゾートの開発業者でニューヨーク株式市場に上場しているLas Vegas Sands Corp.(ラスベガス・サンズ社)の子会社です。つまり元をただせば、このカジノはラスベガス資本です。

サンズ・チャイナHP

その他覚え書き

華やかなゴールドガラスの外装で、専門料理店から、劇場、屋外プール、デラックススパとサロン、会議場や宴会施設、豊富なテーブルゲームからショーまで、さまざまな施設をそろえています。

カジノフロアの中央は吹き抜けになっていて圧倒されるほど・・・だそうな。

この記事を読んだ人はこちらの記事も読んでいます

  1. サンズ・コタイ・セントラル
  2. ベネチアン・マカオ カジノ
  3. コンラッド・マカオ・コタイセントラル
  4. サンズマカオホテル

コメントを残す

コメントを投稿するにはログインしてください。